×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブリテン革命
『清教徒革命』より : 清教徒革命(せいきょうとかくめい; Puritan RevolutionまたはWars of the Three Kingdoms、ピューリタン革命)は、狭義には1642年から1649年にかけてイングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦・革命である。広義には1638年の主教戦争から1660年の王政復古 (ヨーロッパ)#イギリス 王政復古までを含み、「大反乱」「三王国戦争」もしくは名誉革命とあわせて「イギリス革命」「ブリテン革命」とも呼ばれる。革命中に起きた諸事件については清教徒革命の年表も併せて参照のこと。
ステュアート朝イングランドはイギリス国教会 国教会による王の絶対主義によって維持されていたが、富をえて上昇する者と没落する者が錯綜し、社会のしくみが絶対主義の確立されたテューダー朝期とは大きく異なってきていた(ただし、ステュアート朝期における王室と議会の対立の源となった社会矛盾の多くはテューダー朝期に由来している)。そのなかで王室は財政難に苦しみ、チャールズ1世 (イングランド王) チャールズ1世は王権神授説にもとづき議会と対立し、変化に対応する能力を失っていた。内戦はアイルランドのカトリック蜂起(1641年)から始まり、1642年 翌年イングランドでも王と議会の対立から内戦がおこった。スコットランドでも主教戦争をへて1644年、盟約派と国王派の間で内戦が始まっている。特にイングランドではピューリタン ピューリタニズムの影響を受けて民衆運動となり、次第に過激化・大規模化していった。国王派と議会派の内戦は議会派の勝利に終わったが、議会派内でも内部対立がおこって国王処刑も行われた。内戦はそれぞれの勝利した陣営によって三つ巴の戦争に発展し、特にアイルランドでは現在も続くアイルランドの歴史#自由国と共和国 (1922年 - 現在) アイルランド問題の発端となった。この戦争を制した共和政イングランドも安定せず、大きな軍事的功績をおさめたクロムウェルが担ぎ上げられる形で護国卿となった。しかし護国卿政は5年で破綻し、#王政復古 王政復古によって革命は失敗に終わった。かくしてイングランド・スコットランド・アイルランドは王政に復したが、星室庁や独自の財源を失った王権の弱体化は明らかであった。実権を掌握しつつあったイングランド議会は王権神授説や絶対王政を志向する王との溝を深めてゆき、それはやがて名誉革命を招くことになった。

ムーチョモン
『デジモン一覧』より : デジモン一覧はバンダイのデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体デジタルモンスター(デジモン)の一覧である。
デジモンは米国をはじめとする海外でもヒットしており、参考に各デジモンの英語名も併記している。(注意:英語名が未記入のデジモンがいるが、それは海外のシリーズで登場しないということではなく、現在調査中であるということ)
なお、この一覧は登場人物・キャラクタの一覧ではなく架空の『生物種』に関する一覧である。特に断りがない限りは原案・「本郷あきよし」によって定められた設定に基づいたものであり、漫画・アニメ・ゲームなどに登場した各種族の「個体」については各作品の項目で扱っている。

スタビ | スタビ | スタビばけぎゃもん + ばんえい競走 | コ + コータローまかりとおる!の登場人物 | ビートマニアIIDX + モドキベタモン | ランダム!!スロー + ラジオ東奥 | やけど + むらさめ型護衛艦 | ぴっち + ぴったし カン・カン | そこまで言って委員会 + くりはら田園鉄道線 | サタンモア + サメクジラ | ウルトラマンメビウス + ウィリアム・サザーランド | よしえサン + よろしくメカドック